ここ1ヶ月ちょっとで仮想通貨の取引所をいくつか使ってみたので、その感想です。Googleで「best bitcoin exchange」というキーワードで検索して、ランキングや比較サイトで上位に掲載されている取引所にアカウントをいくつか作りました。現時点で利用中の仮想通貨取引所は以下の3つです。

Coincheck (コインチェック)

ここの創業者は27歳の日本人!驚きました。ユーザインタフェースは使い易く、いろいろと動作がしっくりくるので、さすが日本人クオリティとか思ってしまいます。チャット機能がついているのですが、眺めているといろんな参加者がいて面白いです。チャートの上下で一喜一憂してる人とか、20代で億り人になった人とか、リップル推奨派vs反対派とか、ついついずっと読んじゃいます。ここのチャットで仮想通貨のいろんなワードや略称を学びました。Bitcoinは「ビットコ」、Bitcoin Cashは単位がBCHなので「ビッチ」、Ethereum Classicは「イークラ」、あと株やFXから来た単語だと思いますがバイアンドホールドは「ガチホ」、チャートが急落することをナイアガラの滝に例えて「ガラる」など。

Coincheck

CoinExchange (コインエクスチェンジ)

仮想通貨がビットコインだけではないことは理解していますが、リップル(XRP)でさえ2018年元旦の朝日新聞に記事が載ったくらいなので、もっと知名度の低い仮想通貨に投資しなければ!ということで、この取引所で Experience Points(XP) と Strong Hands(SHND) に小額投資しています。SHNDは日本では筋肉コインと呼ばれてるようですね。シンボルのSHNDを少女時代のSNSDと空目してしまいます。

CoinExchange

Binance (バイナンス)

2017年7月にスタートした中国の仮想通貨取引所。私はここで Verge(XVG)、Stellar Lumens(XLM)、Ripple(XRP) を運用しています。ちなみに株式のポートフォリオ管理にテンセントのサービスを使っているのですが中国のサービスもクオリティが良いですよね。

Binance

その他に、以下の仮想通貨取引所にもアカウントを作ったのですが、今現在は運用していません。

CEX.IO

仮想通貨取引所をネットで調べ始めた頃に、まずここにアカウントを作ってみました。こちらにも書きましたが、銀行口座から$1,000を送金したらCEX.IOに着金するまで1ヶ月以上待たされました。これがトラウマになってしまった私は、ようやく着金された後に一人取り付け騒ぎを起こして、すぐに資金全部をBinanceに送金しました。現在、CEX.IOは新規ユーザの登録ができなくなっています。

CEX.IO

Coinbase (コインベース)

ここが世界最大の取引所ですね。このブログ記事を書いている時点で、まだ日本からの入出金はできないようです。世界最大なのに日本は未対応。今の日本の位置づけを考えさせられます。。

Coinbase

Buy/Sellのメニューを開くと以下のようなメッセージが表示されます。

Coinbase

前述のCEX.IOと同様に、Coinbaseでも処理の遅延が起きているらしく、RedditのCryptCurrency版にこんなスレッドが立っています。

Coinbase Reddit

LocalBitcoins (ローカルビットコインズ)

ここは他の取引所とは異なっていて、P2P(個人間)のビットコイン売買サイトのようです。アカウントは作ったものの一回も使っていません。

LocalBitcoins